暑さが心臓に負担を!!

2020/06/02 ブログ

暑さがなぜ!?心臓に負担を…

【脱水症状とストレス】

夏場は、汗によって体内の水分が大量に失われて、血液がドロドロになり、血栓ができやすい時期です。

脱水症状は心臓への負担を大きくします。

こまめな水分補給(天日塩+黒糖を入れると、天然経口補水液)をしましょう。

また、水分でも利尿効果があるカフェインやアルコールなどの摂り過ぎは、脱水症状を悪化させるので注意が必要です。

夏のジメジメした暑さは、それだけで精神的ストレスです。さらに、桜島の火山灰が降った日には…

冷房の効き過ぎた室内から、屋外に出る時などの急激な温度差も、精神的ストレスにつながります。

【精神的ストレスがかかると】

◎交感神経の活動が高まる

・血圧が上昇⤴️

・血液がドロドロ🩸

◎生活習慣の乱れ

・飲酒量の増加🍺・喫煙🚬

・運動不足🏃‍♂️

・コロナ疲れ🦠

など・・・心臓の負担が増大

☆あなたは心臓のケアをしていますか?
心臓の栄養には心臓を!

当店おすすめ『桜精ドリンク』

◎桜精はなぜ心臓のケアにおすすめなの?

桜精には様々な栄養素やエネルギーを作る材料がたくさん入っています。

特に『馬の心臓そのもの』が吸収しやすい形で入っています。病気の方、お子様や高齢者でも消化吸収されやすくなっています。

◎桜精を食べるとどうして元気が出るの?
体のエネルギーを作る働きを助け、心臓に必要な栄養素を補い心臓を元気にします。

 

☆ストレスを感じやすい方、体力が落ちている方、

食事のバランスが悪い方、疲れやすい方、脱水症状がある方におすすめします。