熱中症・夏バテ対策を。

2019/07/08 ブログ
ロゴ

今年も夏バテが心配な時期をむかえました。また、高齢者や体調を崩している方は熱中症や脳梗塞も注意が必要だと思います。

土用の丑にウナギを食べるのは皆さんもご存じのことと思いますが、胃腸の働きが落ちる時期(土用)と暑くて体力を消耗するこの時期には【う】のつく食べ物…うなぎ、梅干し、瓜(苦瓜・胡瓜)、うどんなどを食べるといいと言われています。

万葉集にも「我もの申す夏痩せに   よしといふものぞ   鰻(うなぎ)とりめせ」と詠われた短歌がおさめられているのです。

うなぎにはタンパク質・ビタミン・ミネラル・亜鉛・DHAが多く含まれていて夏バテ防止にいいことは奈良・平安時代から知られていたようですね。ただ、うなぎを頻繁にいただくには高価過ぎます。当店には飲む点滴、あります!

 

☆熱中症・夏バテ予防チェック☆

□そうめんのような、あっさりしたものばかりを食べてる。

□以前に比べて、どうも食欲がわかない。

□ビールなどのアルコール飲料をたくさん飲む。

□汗をかかないように、水分は控えている。

□アイスクリーム、ゼリー、果物を食事代わりにしてる。

□食事を抜くことがよくある。

□冷房のきいた部屋に長時間いることが多い。

□室外と室内の出入りを繰り返している。

□お風呂に入るより、シャワーで汗を流すことが多い。

□つい、夜更かしをしてしまう。

□睡眠不足である。

上記3つ以上当てはまっていれば、熱中症・夏バテ予備軍。

      5つ以上なら要注意です!

 

熱中症・夏バテ対策しませんか?