「酵素」健康法!

2019/06/14 ブログ
ロゴ

「酵素飲料」が健康美容にいい理由とは?

なぜ、野菜や果物などの植物エキスを発酵させた飲み物、大高酵素の発酵飲料が、かくも体にいいのかを、あらためて分かりやすくご紹介しましょう。

 

①体を休ませながら栄養が摂れる

「酵素飲料」はクリーンエネルギーともいうべきブドウ糖や果糖、新陳代謝に必要なビタミン・ミネラル類、タンパク質が分解されたアミノ酸類、乳酸、酢酸などの有機酸類、その他、体の生理活動を活性化させる微量な成分からできています。

製造過程で、人間の体内で行われる野菜や果物といった食材の消化活動とほぼ同じことを、発酵微生物たちが代行してくれています。

そのため、飲んだ後、消化の際に体が使うエネルギーや、ビタミン・ミネラルなどの栄養成分の消耗がないばかりか、逆にそれらを補充してくれるので、胃腸や肝臓といった各臓器を休ませながら、体を健康な状態へと導くことができるのです。

このように、飲むだけで体内へと吸収され、生きる活力が得られるので、食事をとる暇もない人や、病気で弱っている人たち、食べてもうまく消化できない人たちにとっては、実にありがたい存在なのです。

 

②腸内環境を良好に整えられる 

「酵素飲料」は、良質な有機酸を含む、酸性の液質を持っています。そのため、比較的アルカリ側にある悪玉菌には住みにくい条件を腸内につくり、善玉菌である腸内有用菌にとっては、良好な生育条件を提供することにつながっています。それは、強酸性の梅干しが、体内に吸収されるとアルカリ性に変化するのと同じ理屈です。

腸内微生物のバランスが良好に保たれると、体内の老廃物や汚染物質が自然のサイクルで排泄されます。生命の源泉を吸い上げる「人間の根」ともいうべき「腸」が活性化すると、すべてがうまく回り始めます。「酵素飲料」には、大腸菌・サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌などに対して抗菌能力があることは、すでに分かっていました。加えて、近年の研究成果により、胃がんなどの発症にも深く関わっているとされる、ピロリ菌を抑制する力を持っていることも分かってきました。

 

③食生活のバランスを取り戻す

肉や魚といった、動物性の脂肪やタンパク質をたくさん食べている多くの現代人の腸の中は内容物の腐敗が進行し、血液はドロドロになっています。その点、「酵素飲料」は動物性の脂肪やタンパク質をまったく含みません。逆に、日本人には不足しがちなビタミンやミネラルだけではない、自然界に存在する微量成分が多いことから、その飲用は食生活のバランスを改善するには最善の方法です。また、「酵素飲料」には、体をサビつかせる活性酸素を除去する力があることが明らかにされてきました。活性酸素を減らすことは、免疫力の低下を防ぐ働きと密接な関係をもっています。さらに、発酵微生物が造り出す物質や、β−グルカンなどの菌体成分が免疫系を刺激し、免疫力を高めてくれることも明らかになってきました。植物エキスに含まれている成分や、発酵微生物が造り出した微量な成分は 、腸内環境に働きかけたり、体内に吸収されたりしながら、免疫力を応援し、体内環境をより良い方向に整えていくことに、大いに貢献しています。つまりは、自然治癒力をアップすることにつながるのです。

 

いつまでも美しく、健康でいられるように!

「酵素」健康法

60兆個の細胞が喜ぶ!蘇る!